2021年6月27日夜20:00頃から2021年6月29日夜19:40頃までこのブログのサーバーがダウンしました。

たまたまいつものように見に来たら、アクセスできずに困った方もいらっしゃったかもしれません。何か特別なことが起きたのかと心配されたかもしれません。単に借りていたサーバーが壊れただけです。

長いこと借りていると、数年に一度ぐらい、こういうことがあります。

下記がサーバー会社の障害対応情報です。

サーバアクセス障害 [最終更新 2021/06/30 16:40]
現在の状況(個別) メンテナンス – 完了
[2021/06/27 21:10] 平素は弊社サービスをご利用いただき誠にありがとうございます。

●●サーバーにおきまして、障害の発生を確認しております。

○確認した症状:

サーバアクセス障害全般

○障害発生日時:

2021/06/27 20:00 ~

○現在の復旧への取り組み状況:

技術部門に報告済み
対応待ち

お客様には大変ご迷惑をお掛けしますが、復旧まで今しばらくお待ちいただきますようお願いいたします。

[2021/06/27 21:10] ハードウェアに障害発生しており、交換メンテナンスを実施しております。
ご迷惑をおかけし申し訳ございません。

[2021/06/28 11:50] ハードウェア障害が再発したため、再度メンテナンスのためサーバーをシャットダウンいたします。
ご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

[2021/06/29 08:30] 現在、ウェブアクセスのみ停止させていただき、新サーバーへの移行作業を行っております。ご迷惑をおかけし申し訳ございませんが、今しばらくお待ちください。

[2021/06/29 11:40] 新サーバーへの移行、復旧作業を継続対応中でございます。
現時点での復旧見込みは本日18時ころを想定しております。
ハードウェアの損壊が想定以上の場合、上記以降となる場合がございます。
なお、サーバー内データ、お客様コンテンツの消失は発生しておりません。
ご迷惑をおかけし申し訳ございませんが、今しばらくお待ちいただきますようお願い申し上げます。

[2021/06/29 17:00] 現在復旧作業を進めております。
復旧見込みは本日の20時頃と想定しております。
ご迷惑をおかけし申し訳ございませんが、今しばらくお待ちいただきますようお願い申し上げます。

[2021/06/29 19:40] 復旧作業が完了いたしました。ご迷惑をおかけし申し訳ございませんでした。

[2021/06/30 16:40] この度発生いたしましたハードウェア障害について、また、復旧までに時間を要してしまい、
お客様には、多大なご迷惑をおかけいたしましたことをお詫び申し上げます。

今回、ご迷惑をおかけしたお詫びといたしまして、契約期間の1ヶ月の延長手続きを
行わせていただきます。

反映につきましては、対象サーバーをご利用になられておりますユーザー皆様
へ7月2日(金)までに順次行わせていただきますので、よろしくお願いいたします。

このサーバー会社は、かつて長期間にわたり、ソフィア外語学院のメインサイトに使っていたことがありました。このブログとは別のサーバーですが、その時も、24時間ぐらいサーバーがダウンしたことがありました。

その時に、返金とか、契約期間延長はしないのか聞いたことがありました。と言うのも、そのちょっと前、別のサーバーが一週間もダウンして、そちらでは契約期間の一か月延長が行われたからです。

しかし、結局、24時間程度のダウンは契約で定めた範囲内だからということで、期間延長も返金対応もありませんでした。さすがに一週間はひどいので、契約期間延長は当たり前です。しかし、24時間ダウンもあまり褒(ほめ)められた話ではありませんね(笑)。

今回、サーバーがダウンしている間に契約内容を確認したところ、48時間以上ダウンした場合に、返金や契約期間延長の措置が取られると言うことでした。と言うことは、ぎりぎり契約で定めた範囲内にはなりますが、やはり、このレベルでは、対応措置が取られました。

ウエブサーバーを借りる際には、「サーバー稼働率」なる指標が問題にされます。これは実際にサーバーが稼働していた時間を本来サーバーが稼働しているべき時間で割って得られた数値に100をかけて百分率(パーセント)にした数値です。

48時間ダウンだと、サーバー稼働率は、大体、99.5%になります。まともなウエブサーバーは、サーバー稼働率99.9%以上なので、許されるダウンの時間は年間合計9時間未満です。

サーバー稼働率99.5%と99.9%は大きな差ですね。

高級なサーバーでは、「99.99%以上」のサーバー稼働率を謳っています。これだと、許されるダウンの時間は年間合計5分未満です。壊れたサーバーを5分で直すのは至難の業というか、絶対不可能なので、予備システムへの切り替えがいつでもできるようになっていないとだめです。だから、99.99%以上のサーバー稼働率を実現するのは非常に難しいです。

今、ソフィア外語学院のメインサイトが載っているサーバーは、実は、サーバー稼働率99.99%以上を謳っているサーバーです。だから、あちらが落ちることはまずありません。

このブログのサーバーは、契約通りなら、サーバー稼働率99.5%以上と言うことなので、二日ぐらい落ちていても仕方がないということになります。だから、二日ぐらい見られなくても、心配することではありません。

ちなみに、私の「公式ブログ」の方は別のサーバーです。あちらは、サーバー稼働率99.9%以上が保証されています。今までの経験では、あちらのサーバー会社では、万一、サーバーが落ちても15分程度で復旧しています。サーバーが落ちるのは、やはり、数年に一度ぐらいです。

サーバーが落ちたら、私はどうしているかというと、「あ、落ちてるね。」と笑っています。こんなのでばたばたしても仕方ありません。昔は、「サーバーが落ちているようなのですが・・・」とサーバー会社に連絡を入れたこともありましたが、「いちいち連絡しなくても、わかっている。」と言われてからは、何も連絡しなくなりました。だから、笑って待っているだけです。このブログにいらっしゃる方がいましたら、同じように笑って待ってやって下さい。

実は、サイトが表示されない時は、サーバーがダウンしているのが原因ではなく、途中のアクセス経路がちょん切れている場合もあります。わかりやすく言うと、インターネットの線が切れた様な感じです。

もしかしたら、それが原因かもしれないという時は、下記のサイトでチェックできます。

Down for Everyone or Just Me

DownForEveryOneOrJust.Me – Is it Down for Everyone or just Me?

Real-time Website Status Reports

「It’s just you.」等という結果だったら、自分が使っている線だけ切れたということです。

「It’s down for everyone.」等という結果だったら、サーバーがダウンしたと言うことです。

心配な人は、こういうサイトで調べるといいです。

ついでながら、公式ブログの方は、昨日、DDoS攻撃により、IPアドレス変更になりました。ブログやサイトを運営していると、年中、こんなものです。

関連ページ:
DDoS攻撃とは? 意味と読み方、対策方法(NTTコミュニケーションズ)
DDoS攻撃 【Distributed Denial of Service attack】 分散DoS攻撃(IT用語辞典 e-Words)